オフィスの地震対策

地震に備えた安全なオフィスづくり

 

災害時において、従業員の安全を確保し、顧客や自社の災害リスクを軽減することは企業の社会的責任の重要事項とされています。オフィスの地震対策はその一環として、什器・家具の転倒、落下、移動などによる被害を軽減しケガ人を出さない努力や、従業員をはじめとする帰宅困難時への対応に備えておくことが大切です。

<地震対策の目的>

  • 安全・安心・快適な環境づくり
  • 情報と資産の保全
  • 社会的な信用と責任
  • 業務の効率化と空間活用

企業が自ら被災後の経済活動や救護活動を円滑に行えるように備えておくことは、社会にとって非常に重要なことです。地震に備えたオフィスづくりを目指して、もう一度オフィスを見直してみましょう。

 

現状のオフィスを見てみましょう

 

地震対策を行う上で、地震による大きな揺れが発生したときに、どのようなリスクが存在しているかを知ることが必要です。

  • 背の高い什器・家具をオフィスの中央や単独で置くのは危険です。
  • 出入口に転倒しやすい什器・家具が配置されていませんか。
  • 収納家具の上に物を置くのは危険です。
  • ローパーティションは倒れにくい設置方法になっていますか。
  • 金庫など重量物を窓の近くに置くと外に落下する恐れがあります。

 

オフィスの安全対策を

 

オフィスづくりにおいて、オフィスの機能別にスペースを配置・配分するゾーニング、それによって必要な家具を選定し、レイアウトするというプロセスが必要です。オフィスレイアウトで工夫をした上で、家具類の固定を行いましょう。また、床や壁への什器・家具の固定は、床や壁の仕様によってその性能が大きく左右されますので、レイアウトでできる限りリスクを軽減しましょう。

関連記事

  1. オフィス設計時に考慮する必要のある基本的な法律

  2. 情報セキュリティ重視のオフィスにおける物理的なゾーニング

  3. 安全なオフィス設計に関わる法律

  4. ペーパーレス

  5. 生産性向上のためのオフィスの香りのコントロールを

  6. オフィスデザインのポイント