オフィス環境と健康

毎日、長時間を過ごすオフィスの環境は、健康に大きく影響します。政府でもメンタルヘルス対策として、ストレスチェック制度を導入するなど、ヘルスケアに関しての重要性が高まっています。

オフィスの快適度を左右するのは、

  • 空気
  • 空間
  • 湿度
  • 照明
  • 人間関係

快適なオフィスの条件

 

「適度な室温」

熱い寒いと感じるのは、体内での熱の発生と発散のバランスで決まっています。そのバランスを左右するのは、気温・湿度・空気の流れ、です。夏の冷房は外の気温と差があってはいけませんし、冬は10℃以下にならないよう暖房をつけなくてはいけません。そこで最も適切とされている室内温度は、

気温  17℃~28℃
湿度  40%~70%
風速  0.5m/秒以下

となっています。

「きれいな空気と適切な空間」

天井が4m以内の高さのオフィスでは、設備や備品が占める空間を差し引いて、1人あたり10㎥以上を確保しなければなりません。天井の高さにもよりますが、机や椅子、コピー機などを抜いて、約2畳~3畳分の面積が無くてはなりません。さらに換気も大切です。耐熱による温度や湿度の上昇、呼吸による酸素の欠乏や炭酸ガスの増加を防ぐためです。多くの人が作業する室内で、換気が不十分だと、酸素が減少し、炭酸ガスが増加します。そうすると、温度と湿度、ホコリ、細菌、においなどが充満して、不快な環境になってしまいます。

「自然な照明」

作業の内容によって変わってきますが、一般的なオフィスワークでは300~700ルクスであることが望ましいとされています。また、単に明るければ良いというわけではなく、明るさに差がない、まぶしくない、太陽光に近い色である、事も大切です。

「静か」

騒音や振動です。パソコン周辺機器・コピー機・キーボードのタイプ音・シュレッダーなど、気になる騒音や振動が伝わるようなものを使う場合は、つい立てや個室で分けるなどの対策が必要です。吸音材や防音材を使ったスペースを設けることも必要になってくる場合もあります。

 

当たり前ですが、働く人がリラックスできる空間と、清潔な職場を作ることが大切です。また、快適なオフィスを保つためには、空気環境や設備の定期的なチェックが欠かせません。

関連記事

  1. オフィスのゾーニング

  2. 小さく始める!オフィス改善

  3. オフィス文書管理とペーパーレスと、その大きく2つの進め方

  4. ユニバーサルデザイン

  5. デスクレイアウト

  6. OAフロア