OAフロア

OAフロアとは

OAフロアとは、フリーアクセスフロアとも呼ばれ、床下に空間を設け床を二重化したフロアのことです。作られた床下の空間に、電源やネットワーク機器等の配線、空調設備等の機器などが容易に収納できるので、床上にケーブル等を這わせることなくすっきりとした状態を作ることができます。

メリット

【安全性の向上】

通常のフロアであれば、ケーブルや配線がむき出しになっているため、つまづいたり、ひっかけたりすることもあります。それによって機器の電源が落ちたり、大事なデータが飛んでしまうことも予測できます。OAフロアでは、人の通行や物の移動等の妨げになるような配線を防ぐことができます。

【見栄えが良い】

床下での配線が可能なため、床上にケーブルや配線がごちゃごちゃとむき出しになることもありません。すっきり整然としたフロアは、社員からだけではなく、訪れる顧客からの好感度は高まります。

【小さなレイアウト変更が可能】

配線をすべて床下に収納しているため、小さなレイアウト変更であれば柔軟にデスク等のレイアウト変更が行えます。頻繁にレイアウト変更や席移動などがあるオフィスであれば、OAフロアは必須と言えるでしょう。

OAフロアにすることで、安全面やセキュリティ面も向上し、見た目も美しいフロアに仕上がります。しかし、その一方で工事にコストがかかるなどのデメリットも存在します。どちらも考慮した上で、働きやすいオフィスの設計を考える必要があります。

関連記事

  1. 文書管理とペーパーレス、その進め方

  2. オフィスづくりに必要な視点

  3. オフィス環境と健康

  4. オフィスのゾーニング

  5. レイアウト計画

  6. ユニバーサルデザイン