間仕切り

オフィスのゾーニング計画を立てるうえで欠かせないのが、間仕切り。オフィス内の空間を機能的に使う上でも重要になります。また、間仕切りといっても種類があります。それぞれの特性から用途に合わせて選びましょう。

スチールパーティション

スチールと石膏ボードを使用していて、不燃材としての認可を受けているので、安全性が高い。パネル間のつなぎ目が目立たないフラットな仕上がりのため、見た目の美しさや重厚感があります。また、スチールパーティションにはロックウールやグラスウールなどをパネル間に充填することができるため、遮音性にも優れています。ただ、アルミパーティションに比べコストは高めになります。

アルミパーティション

アルミ製のため、軽量で施工性も高く、コストが安いのが特徴。カラーバリエーションも豊富にあるものもあるので、好みに合わせた間仕切りを作ることができます。ただアルミ柱がむき出しになるので、スチールパーティションのようなフラットな美しさでは劣ります。また、スチールパーティションに比べて、遮音性や断熱性は劣ります。

ローパーティション

高さ90㎝~2m程度のものまで幅広くあります。表面が布製のクロスタイプが主流になっていて、カラーバリエーションも豊富です。レイアウト変更などが容易であることが特徴です。アルミパーティションやスチールパーティションは設置により、個室を作るイメージですが、ローパーティションは個室を作るというより、単に空間を仕切るイメージになります。

造作間仕切り

LGS(軽鉄)にPB(プラスターボード)を取り付け、表面にクロスを貼ったものが一般的です。施工方法により、遮音性を高めたり、デザインに拘ったり、自由度が高いことが特徴です。コストは、施工方法により大きく変わってきます。

スライディングウォール

レール上でパネルを移動することができる間仕切です。利用されるシーンに応じて、部屋の大きさを変えられるのが特徴です。パネルの厚みや、レールの設置方法など、施工方法により遮音性やコストが変わってきます。

関連記事

  1. 生産性向上のためのオフィスの香りのコントロールを

  2. 安全なオフィス設計に関わる法律

  3. ペーパーレス

  4. オフィスデザインのポイント

  5. オフィス環境整備の意味とそのメリット

  6. 情報セキュリティ重視のオフィスにおける物理的なゾーニング