オフィスグリーン

昨今はオフィスに観葉植物を取り入れる企業が増えています。観葉植物の効果は科学的も効果が認められており、その効果は「グリーンアメニティ」と呼ばれています。

「グリーンアメニティ」の主な効果

  • 空気浄化効果
  • 視覚疲労緩和、回復効果
  • ストレスの緩和、リラックス効果
  • 作業効率アップによる業務向上

「空気浄化効果」

 

観葉植物などの植物は空気中に存在するホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着・分解することで、シックハウス症候群などを抑制する働きがあります。光合成により二酸化炭素を吸収して酸素を供給してくれるため、オフィスの空気を新鮮に保つ効果も期待できるでしょう。また、植物は葉から水分を拡散し、快適な湿度に調節してくれます。

「視覚疲労緩和、回復効果」

 

観葉植物には目の疲労を軽減させる効果や、精神的な疲労を軽減させてくれる効果があります。パソコンを使った長時間にわたるデスクワークによる目の疲れや視力低下、ドライアイ、精神疲労などの疲労軽減効果があります。

「ストレスの緩和、リラックス効果」

 

植物には精神的な疲労を癒してくれる効果もあるといわれています。視野内に観葉植物があることによって、アルファ波が血圧を低下させ、筋肉の緊張をほぐし、リラックス状態にさせてくれます。観葉植物などの緑があるオフィスと、ないオフィスでは、働きやすさに大きな差が生まれるといわれています。

「作業効率アップによる業務向上」

 

仕事をする社員の周辺に観葉植物を置くと、創造性や幸福度、生産性が大幅に高まることが研究で明らかになりました。リラックス効果のある植物は、人間関係やコミュニケーションが重視されているビジネスにおいて、良い雰囲気づくりに必要な存在かもしれません。

 

このように、オフィスグリーンがもたらす効果はたくさんあります。観葉植物は単なるオシャレなアイテムだけではなく、オフィスで働く社員のためにも設置することをおススメします。また、観葉植物を適度なバランスで置くことで、社員の労働環境にも配慮している企業であることをアピールできるともいえます。オフィスレイアウトを考える際は、観葉植物の設置も考慮するようにしましょう。

関連記事

  1. オフィスのゾーニング

  2. オフィス環境と健康

  3. デスクレイアウト

  4. 生産性向上とワークプレイス

  5. 小さく始める!オフィス改善

  6. オフィス文書管理とペーパーレスと、その大きく2つの進め方