デスクレイアウト

オフィスのレイアウトを変更するだけで、今まで使えていなかったスペース効率よく使用して、オフィスの人員を増やすことが出来たり、社員の動線やモノの配置が変わって業務効率を上げることができます。

まずはレイアウトの目的を考えましょう。人員増加に対応できる省スペースを重視するか、一人ひとりの作業スペースをゆったりとれる広さを重視するかで、レイアウトも変わってきます。職種や部署の特徴によって、向いているレイアウトは異なりますので、よく検討することが必要です。

対向式レイアウト

部署ごとにデスクを対向させて配置する「島型」とも呼ばれる、最も一般的なレイアウト。まとまったデスク配置のため、コミュニケーションが取りやすいことが特徴です。通路とイスのスペースが共有されるため、スペース効率が良くデスクが統一されているため、人員変動の際の移動もしやすいバランスの良いレイアウトです。

フリーアドレス式レイアウト

形状としては島型レイアウトと似ていますが、島型とは使い方が異なり、固定席をなくし、空いている席を自由に選んで座るという形式です。在席率によって席数を調整し、必要最低限の席数にできるので、スペース効率が良いレイアウトです。また席を固定しないことで、部署の壁を越えた様々な人とのコミュニケーションが可能になります。このレイアウトの場合は、無線LAN環境や、収納方法などを考慮する必要があります。

同向式(スクール式)レイアウト

スクール式や並列式とも呼ばれる、学校の教室のように一つの方向に向けてデスクが並べられています。伝票や書類の流れに応じてデスク配置ができるなどのメリットがあり、島型などの対向式のレイアウトよりも「個人の集中」を重視しているため、コミュニケーションが多い業務にはあまり向かないレイアウトです。

ブース式レイアウト

デスク周辺をパーティションやパネルで囲い、ブース型の作業空間を作り上げるレイアウト。周囲からの雑音や視線を防ぎ、作業に集中できます。業務の大半を個人で行い、高い集中力が必要とされる職種に向いています。パネルの高さや配置によって、コミュニケーションを取りやすい工することもできます。

背面対向式レイアウト

チームごとに一つのブースを作り、デスクを背中合わせにするレイアウト。向き合うことがないので、他人の視線を気にせず集中した作業を行える一方、後ろを振り向くだけですぐにチーム内のコミュニケーションをとることができる、集中とコミュニケーションを両立させたレイアウトです。スペース効率は低いので、ある程度席数が少なめのオフィス向きです。

デスクの配置を検討して、職種や部署の特徴にあったデスクレイアウトで、仕事の効率化が図れるようにしましょう。

関連記事

  1. オフィスづくりに必要な視点

  2. 生産性向上とワークプレイス

  3. オフィスグリーン

  4. オフィスのゾーニング

  5. オフィス環境改善のポイント

  6. 小さく始める!オフィス改善