クリエイティブ・オフィス

クリエイティブ・オフィスとは

 

クリエイティブ・オフィスとは、知識創造行動を誘発する空間、ICTツール、ワーカーへの働きかけ等(加速装置)と、組織目標とプロジェクト目標に向けたマネジメント(駆動力)の双方を兼ね備え、組織の創造性を最大限に発揮するための働き方に適した場所を指します。

企業が成長を遂げるための経営戦略の一つとして、オフィスの役割が見直されています。中でも注目されているのが「クリエイティブ・オフィス」です。社員たちの発想の場であるオフィス環境を快適にし、創造力を引き出す仕掛けを施す戦略的オフィスの事です。

 

社員の創造力・生産性を引き出す仕掛け

 

これまでになかった価値を作り出す、画期的なものを生み出す、といった創造力は企業の成長を促す。だが、この創造力はそう簡単に高められるものではないのも確か。

例えば、個人のデスクや設備などを割り当てず、共同で使用する「ノンテリトリアル・オフィス」にすると、社員はその日の仕事内容、気分に合わせてオフィス空間を自由に活用します。固定化されている領域が少ないため、フレキシブルに行動しやすく、社員が頻繁に行き交い、立ち話しや軽いミーティングをする姿が良く見られるようになります。

コミュニケーションが活発化することにより、ノウハウが共有され、新たな気づきが生まれやすくなります。それらが紐づいてアイデアが沸くことも増えるでしょう。そうした積み重ねが創造性につながっていきます。

 

仕事と向き合い、生産性が上がる仕掛け

 

現在の経営はスピード感が重視され、経営方針が変わればオフィスも即応して変わることが求められます。例えば、プロジェクトが立ち上がり営業部隊の増員が決まった時、固定されているスペースが多いとオフィス全体の改装から手を付けなければなりません。ノンテリトリアル・オフィスであれば、急な増員などにも即時にスペースを確保することができますし、PCや電話などの社内インフラも固定されていないので、すぐに体制に対応させることができます。フレキシブルに対応できることで、社員たちの仕事も停滞せずに済み、仕事の集中し、仕事に向き合いやすい環境が整っていることが効率を生み、生産性を高めることにつながっていきます。

 

会社と向き合い、モチベーションを上げる仕掛け

 

「ブランディング」はクリエイティブ・オフィスを導入することで対外的に企業自身のブランド価値を向上させるというメリットもあります。また、何よりも社員に対するブランディングを高めることが大切です。1日のうち3分の1以上の時間を過ごすオフィスですから「良い企業で働いている」「ずっとここで働きたい」という満足感を社員に与えて、モチベーションを上げることも大切です。それによって離職率を下げる効果も期待できます。

 

昨今は非常に経営のスピードが速いので、単に良いアイデアを出すだけでなく、スピードについていけるようフレキシブルに対応できる体制や構造も大事です。それらに対応できるオフィスをどう作るか、それが経営戦略の一つとなってきているでしょう。

関連記事

  1. 注目される「オフィスでブランディング」

  2. オフィスのフリーアドレス制